【体験談】ED治療薬の副作用症状

ED治療薬の副作用症状画像
ED治療薬だけでなく、薬というのは必ず副作用が存在する。

とりわけED治療薬は副作用症状が出やすい薬でもある。

今回の記事では、様々なED治療薬を試してきた僕が感じた副作用症状を語っていきたい。

まずED治療薬の基本的な副作用を紹介する。

ED治療薬でよくある副作用症状が、頭痛、ほてり、動悸だ。

僕も含む、ED治療薬を飲んだほとんどの男性にこれらの症状は現れている。

なぜこのような副作用が出るのかというと、これはED治療薬がもつ血管拡張作用によるものだ。

健康な男性であれば、ムラムラしたりすると脳からの指令で血管が拡張される。それに伴いペニス周辺の血管も拡張され、ペニスへ血液が流れ込み勃起ができる。

しかしED男性は心因的・身体的何らかの原因によって、血管拡張が起こらない。そのため血流が上がらないので、ペニスへ血液が行き届かず勃起できない・維持できないのだ。

ED治療薬を飲むと血管が拡張され、血流も増幅する。

血液が急激に増幅することにより、現れるのが頭痛やほてり、動悸といった副作用なのだ。

逆をいえば、副作用がない=薬が作用していないということもある。

副作用は薬が効いているという証でもある。

僕の場合、どのED治療薬を飲んでもほてりや動悸の症状が現れた。

風邪をひいていないのに熱っぽさがあるような感覚だ。

症状はこれといって酷くなく、薬の効果が切れる頃にはほとんど気にならなくなる程度っだた。

症状の度合いはもちろん個人差がある。ED治療薬における副作用は、ほとんどの人は僕のように一時的なもので、薬の効果の切れとともに治まる場合が多い。

副作用には鼻詰まりもよくある症状として知られている。

中には頭痛や鼻詰まりの副作用が気になって、セックスに集中できないという人もいるようだ。
その場合は市販の頭痛薬や鼻炎薬を一緒に飲んでも問題はないとされている。

僕は一度レビトラのジェネリックを飲んだ時、頭痛の症状が出た。
酷い方ではなかったが、取りあえず頭痛薬を飲んだのでセックス中気にはならなかったのを覚えている。
レビトラ系のED治療薬には即効性がある反面、副作用が生じやすい。

バイアグラ系も同様、服用したほとんどの人に副作用の症状が確認されている。

シアリス系の場合、体内に成分がゆっくり吸収されるため、副作用が気にならない人も多い。

しかし作用が穏やかな反面、勃起力がバイアグラやレビトラと比べた時に少々劣るため、副作用と勃起力のバランスは考慮しておいた方がいいかもしれない。

日本では報告はないが、海外では勃起持続症という重篤な副作用の報告もあるらしい。

勃起持続症とは、4時間以上勃起が治まらない症状のこと。勃起持続症は症状を放置するとペニス周辺の組織が壊死し、勃起機能自体失われてしまう恐ろしい症状だ。

勃起持続症はほとんどない症状だが、海外で報告されている限り可能性としてはゼロではない。

万が一、勃起持続症のような症状が出た場合は速やかに病院を受診するべきである。

また視覚異常や血圧の急激な低下も、危険な副作用としてあげられる。

視覚異常として、「視界が青く見える」「眩しく感じる」といった症状であれば珍しいものではないが、視力が急激に低下するのは危険とされている。

血管拡張による血流増幅で、急激に血圧が低下する副作用も起こり得る。

もしもこれらが起った場合も、早急に病院へ行かなければならない。

何はともあれ、ED治療薬を飲んでから明らかに体調がおかしいのであれば早いうちに対処しよう。

また副作用を助長する食べ物もある。それはグレープフルーツだ。

グレープフルーツにはフラノクマリン酸という成分が含まれている。フラノクマリン酸は薬の成分の血中濃度をあげる作用があり、薬が効きすぎてしまうのだ。

「薬がよく効いてくれるならいいのでは?」となってしまう人もいるが、薬が効きすぎるということは、副作用のリスクが上がってしまうという事だ。

たとえば普段はそんなに気にならない症状でも、グレープフルーツを摂取したことによって体調が悪くなってしまう可能性がある。

グレープフルーツその物を食べる機会はあまりなさそうだが、缶チューハイやジュースにはグレープフルーツを含む製品がたくさんあるので、飲み物には注意が必要である。

ED治療薬の副作用について説明してきたが、ED治療薬を服用するなら症状が現れるのは当たり前だと思った方がいい。

しかし当たり前だと思って重篤な副作用を見逃しては大変である。

必ず体調には注意をしながら、用法用量を守った上で正しく服用しよう。